くるまーと北海道 稲津貴寛 中古車販売店 の評判

みなさんこんにちは!

いかがお過ごしでしょうか?

新しい元号になって、各国の首脳が続々と来日しております。

自分たちが思っている以上に

日本の「改元」というのは世界的な事のようです。

今回はネット通販に関する話題です。

いまやネットで買えないものはないといわれておりますが、

ネットでの中古車販売トラブルについて掘り下げていきます。

本日は、「 くるまーと北海道 中古車販売店  稲津貴寛 」の評判です。

キャッチコピーは

「お客様のカーライフをトータルサポート!

全車距離無制限1年間保証付き!自社ローン完備!

保険 レンタカー 整備全般なんでもご相談ください!」

実際どうなのでしょうか?

それでは行ってみましょう。

販売者名  くるまーと北海道

住所    北海道札幌市手稲区手稲前田614−20

電話番号  011-556-6290

URL    ホームページなし(カーセンサーやグーネットなどを利用しているようです)

【免責事項】

当サイト内で掲載された情報については充分に注意・確認しておりますが、場合によっては情報が最新ではない、もしくは間違っている可能性もあります。

くるまーと北海道

この車屋には整備はおろか、誠実な対応を求めてはいけません。納車時に何か壊れていてもノラリクラリでかわされるので、保証をうたっておりますが、実質、ただの現状販売。トラブルが発生すると、担当をたらいまわしにされます。
私が購入したとき、トラブル担当は田中と名乗っておりましたが、本名は稲津貴寛という男。好青年風ですがク〇です。

引用元 札幌市手稲の中古車屋ノースビレッジで中古車購入失敗談スガナミの雑記ブログ

札幌市手稲の中古車屋ノースビレッジが「くるまーと北海道」と店名を変えているとのこと。

カーセンサーとかグーネットにです。

この情報は、同じ様に手稲の中古車屋「ノースビレッジ」で車を購入した方が教えてくれました。

札幌市手稲の中古車屋ノースビレッジで中古車購入-失敗談

引用元 くるまーと北海道って?ノースビレッジが店名変更

格安中古車販売業者ですが、

錆び、カーナビは外されたまま

異音、などいわゆる「現状販売業者」のようです。

現状販売というのは業者間ではよく行われており

加修(中古車として販売できるように修理)してから

客へ販売します。

また個人売買などでもありますね。

このようにお互いに納得して売買するには全く問題ありません。

しかし

お客様のカーライフをトータルサポート!

全車距離無制限1年間保証付き!自社ローン完備!

保険 レンタカー 整備全般なんでもご相談ください!

などとと言ってる以上は現状販売が許されるはずはありません。

中古車は「安かろう悪かろう」が基本です。

必ず何かあると思って間違いありません。

安い理由を納得するまで確認すべきです。

そして必ず見て乗ってから決めるべきです。

よほど信用できるルートでない限り

通販で格安中古車を買うのはやめましょう。

保証に関しても、あってないようなものです。

遠方だと泣き寝入りせざるおえません。

対面販売であれば文句の1つも言えますが・・・。

Googleストリートビューを利用するのも1つの方法です。

実際の店舗や、営業スタイルを確認できます。

せめて信用できる中古車販売大手か、

地元の長く続いている信頼できるお店で買いましょう。

整備工場を持っているかいないかも重要です。

また「ノースビレッジ」などいろいろ名前を変えて販売しているようなのでご注意ください。

これを読んでいるみなさんのほとんどが

ネットビジネスに興味があったり、副業を探していたり、

あるいは独立起業を目指しているのではないでしょうか。

そういった皆さんの参考になればいいですね。

今回は情報商材ではなくネット通販がらみのお話でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター 北村達也 より:

    現状販売だけど安くしておくよ!というのはキライじゃない。
    自分で見て納得して買えるので。
    でも契約時に約束したことを一切守らない、保証を謳っているのに納車時に壊れていても直さないってのは論外ですね。
    訴えられなきゃなんでもOK。
    そんな雰囲気を感じます。